« 京都地検の女 | トップページ | 恵みの雨 »

2011年5月 9日 (月)

撮影日記

自分自身を捨てて、役に忠実な俳優でいたい。演技だけでアプローチできる俳優でいたい。

韓国の映画「冬の小鳥」に主演した子役のキム・セロンちゃんが何かのインタビューでこう答えていました。

家族に恵まれない少女が、アメリカに養子に出されるまでの、ある施設での日常を、繊細かつ深い愛情を持って、静かに描き切った名作で、私は観終わったあと、しばらく椅子に深く腰をうずめ、小さく深呼吸してから岩波ホールを出ました。ホールに入った時と、出た時の空気の色は全く違っていて、清流に心が洗われた思いでした。

いい映画って人生を何倍も豊かにしてくれますね。

鈴がチリンと鳴るような小さな声で言った少女のコメントは、きっと誰かに教えられて、一生懸命覚えて言ったんだと思うのですが、俳優として決して忘れてはいけない原点ですね。そんな思いを心に秘めて

Wp1020330

花よりも美しい大先輩の浅丘ルリ子さんと山本陽子さんと映画「デンデラ」で共演させていただきました。光栄でした。氷点下10度なんて日もあって寒い寒い雪山での撮影で、もう、もう大変でしたが・・・。6月25日より東映で全国公開されますので、是非観てくださいね。金髪の弓の達人(保科キュウ役)を演じています。

山口美也子

       

« 京都地検の女 | トップページ | 恵みの雨 »

映画・テレビ」カテゴリの記事