« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

撮影i日記

京都に行くと柔らかく時間が流れて、ほっこりします・・京都はええとこどすえ

Photo_2 

「京都地検の女」漆原さやか役の撮影がオールアップして撮影技師さんから花束をもらいました。ジュース屋の前でにっこり・・・市井に生きる何気ない普通の主婦役は私の素(す)の部分をちょっとさらけ出すことができて、楽しかった。「あんた、地でやってるやろ」なんて、中学、高校の友達にいわれますが・・演じすぎると普通の感覚が生き生きしてこないので、これがなかなか難しいのです。

Photo_4 河原町辺りをぶらぶら歩いてると、着物姿のかっこいい風情の京都の女性を時々見かけて、うっとりして思わずあとを付いていきたくなるほどの女っぷりで、しばし見惚れてしまうのですが、都会ではお正月でさえ着物を着なくなりましたね。

どんな高級なブランドの洋服よりも晴れの日には着物がやっぱりいいですね。着物は日本人の誇りだと思うのです。夏本番のお祭り日、浴衣をスッキリ着こなして彼氏のハートを狙い撃ちしてください❤❤

夏まつり 宵かがり

胸のたかなりにあわせて

八月は夢花火、私の心は夏模様

井上揚水さんの名曲「少年時代」から・・・あなたの恋が成就しますように✰

Photo_5

太秦の京都東映撮影所の近くで竹細工をまとめ買いしました。写真をクリックしてね。なにもかもが安い!安いのです。

Photo_6 後ろ姿がちと寂しそう・・・ロケバスに向かってとぼとぼと・・けっして振り返らないのが大人の女の作法です✰映画「デンデラ」では貧困、飢餓の中で生きる女の役だったので、4キロほど減量して、「京都地検の女」ではふっくらしたおばちゃんの役なので元の体重にもどして・・・と女優は結構大変です。

明日から10日間ほど軽井沢の山の家で過ごしますので、ブログ少しお休みします。また、遊びに来てくださいね。あなたに素敵な良いことばかりがありますように❤❤ いい方に出会える夏でありますように❤❤

2011年7月21日 (木)

夢のあとさき

女達は強く逞しく生きなければならない・・・なでしこジャパンのように❤

「京都地検の女7」の撮影も終盤になってきて2_3   

おばちゃん3人組は飲み物、ケーキ食べ放題1500円のチラシに釣られ、やってきました京都、小川珈琲店本店。色とりどりの美味しそうなケーキが何種類も溢れるようにどっさりあって、どれにしようか迷ってしまうのです。好きなケーキを好きなだけ食べてください・・と監督さんのご指示に強く逞しく素直に従って、生唾ゴックン、ジュース屋の玉ちゃんは、口をあんぐり開けて硬直してます。、撮影前の素(す)のひと時です。

Photo_6

本番で ケーキをがつがつ食べる演技を考えていたけど、たこ焼きや、焼きそばをがつがつ食べるようにはどうもいかなくて、衣装も、ちとお洒落なのを用意してもらったので、それに小川珈琲店本店、凄くお洒落なコンクリートの外観なので、普通のおばちゃんが、上品ぶってセレブマダムになった気分でいるみたいな演技に急遽変更しました。

朝ごはん抜いて、ケーキバイキングのシーンに挑戦したけれど、ケーキってそんなに仰山たべられへんもんやね。おにぎり一個でも食べときゃ良かった、と後悔しました。

京都に旅行する予定があったら、ケーキバイキングなら小川珈琲店本館へ行ってみてね。美味しいですよ❤❤勘違い主婦の巻でした。

2011年7月14日 (木)

ラブ・ストーリー

ラブ・ストーリーは好きですか?勿論好きに決まっていますよね❤❤

究極の恋愛映画をひとつと問われれば、迷うことなく韓国映画「オアシス」を上げます。韓国が世界に誇る映画監督イ・チャンドンのこの傑作映画は、私が見続けてきた数々のラブ・ストーリーの中でも群を抜いて素晴らしいのです。

重度の身体障害者の女性(ムン・ソリ)と刑務所から出てきたばかりのチンピラ(ソル・ギョング)の愛の物語なのですが、日本や他の外国でもこういう映画はなかなか作れないでしょうね。イ・チャンドン監督の徹底したリアリズムと人間に対する真摯な愛の深さに感動しました。DVDで観られますので是非観てくださいね。お勧めの一作です。

2002年、ベネチア国際映画祭で監督賞、新人俳優賞、国際批評家協会賞をとった作品です。

P1010077_2

ここは私のオアシスです。出窓から見える枇杷(びわ)木、5月になると鳥がチロチロ飛んできて、黄色い実を啄ばみます。啄ばまれた所から傷んでくるので、慌てて何故か必ずモンペと白いシャツに着替えて、梯子に登って実を収穫するのです。隣は夏ミカンの木、実のなる木にどっぷり嵌ってます。ガンや高血圧の予防、アイチエイジングにもいいらしいです。

あなたのオアシスはどこにありますか・・・場所でも、心でもオアシスをたくさん持つことは生きる上でとても大切なことですね。砂漠のような都会でもオアシスという清い水の流れる場所は必ずあると思うし、家庭や家族も大切にしてオアシスすることもできるし、オアシス探しはけっこう楽しい・・・❤

日本映画のラブ・ストーリー「悪人」もとてもいい映画でした。妻夫木聡さんは役になりきっていて、見応えのある立派な演技で、嬉しくなっちゃいました。素敵な俳優さんですね。P1020378_3

で、凄腕スナイパー役で私も頑張りました映画「デンデラ」明日15日で終わりますので、大きなスクリーンで是非観てくださいね。友達からも、たくさん応援メッセージいただいてます。いままで観たこともない壮絶な映画だったわよ!とか、中学の同級生達は「デンデラ」を魚にして酒を飲むクラス会をするそうです。友達っていいですね・・・感謝!

櫻井淳子さんから貰ったピンク色のジョギングウェアー、重宝しました。ありがとね❤。明るく優しいスッタフと一緒に・・・✰頑張りました。

2011年7月12日 (火)

夢のあとさき

17_4

今年の七夕は、生憎の曇り空・・・煌めく星々を 期待して、ウットリしたかったのに、ちょっと残念でした。替りに美しい詩を贈ります。

牽牛と織女もこの日だけはあえるという七夕

わたしはあなたを土に埋めて帰る

かすみ草の何本かを土に埋めて帰る

生前に服の一着もつくってやれず

あなたが死んで初めて麻の服を着せてやれた

あなたが手ずから麻で織った着物は近所の人に分けて

トウキビ畑の傍らにあなたを埋めて帰る

銀河をわたり 雲をこえ

年に一度逢えるというこの夜

銀河の東と西 その遠い遠い距離が

天と地の距離なのだと教えられる

いつかあなたが土となり 私が風となり

再び出逢う道なのだと教えられる

畑を耕し、種を蒔き、汗を流し生きることが

年に一度 あなたに逢える道なのだと

                  詩、ト・ジョンファン

最愛の妻を亡くした詩人の、身も心も千切れる様な哀切の歌です・・・❤❤

で、話は変わりますが、夢のあと、映画「デンデラ」

Photo_5

東映にて公開中です。15日までですので、みなさん是非観てくださいね。黄色いバンダナ巻いた弓の達人、凄腕スナイパー役(保科キュウ)で出演してます。隣は角替和枝ちゃんです。  

2011年7月 7日 (木)

七夕

うちのジャングルに槿(むくげ)の花が咲きました。

P1030025

本格的な夏の到来を私に告げてくれる美しい花。全く手間いらずの優れもので、その強い生命力には驚くばかりです。

P1030016

4メートル程の高さがあった凌霄花(のうぜんかずら)は、倒れるとあぶないと植木屋さんに言われ、昨年、泣く泣く切ったのです。今年は花が咲くのだろうかと心配してたけど、見事に咲きました!オレンジ色の花が西日を受けて輝いてます。こんな花達にわたしはなりたい・・・❤。

今日は七夕ですね。夜空の天の川にむかっての願い事はなんですか?

天の川をはさんで別れ別れに暮さなければならない織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)のお話は、中国の恋の伝説としてあまりにも有名ですね。1年に一度の愛しい人との逢瀬は「待つ」ことの切なさと尊さを教えてくれますね・・・。

7月7日、もし雨が降ったら、天の川の水かさがまして渡れなくなるので、泣いている織姫を可哀そうに思った、たくさんのカササギが、列をつくって天の川の橋となって手助けしたそうです。織姫は、こと座のベガ、牽牛はわし座のアルタイルという星です。

17_3今日、夜空に散らばる美しい 星々を見上げて、恋しい人の名を 激しく思い描がいてみれば、天の王が願いを叶えてくださるかも  しれない・・・きっと✰

今日も1日笑顔でいられますように❤

        

2011年7月 4日 (月)

夢のあとさき

フランス映画と韓国映画が大好きです。

子供のころ、「お嬢さんお手やらわかに」というフランス映画を父と姉と一緒に難波の映画館に観に行って、いまでも忘れられない、お洒落でカッコいい映画でした。もう一度、是非観て楽しみたいのに、残念ながらビデオ化もDVD化もされていないそう・・・残念

ストーリーはよく覚えてないんですが、出てくるお姉さん達の3人組、パスカル・プチ、ミレーヌ・ドモンジョ、ジャクリーヌ・ササールの美しい容姿はしっかり脳裏に焼き付いて、なんて美しいんだろう!この世にこんな綺麗な花みたいな女性がいることが不思議で不思議で、別世界のスクリーンを食い入るように見詰めていました。そのあとも父に連れられて色々なフランス映画をたくさん観ました。

父がブリジットバルドーの大ファンで・・・唇が厚くて、ちょと下品な感じがして、私はあまり好きじゃなかったけど・・・私の唇も小さいころから厚いので、コンプレックスだったので嫌だったのかもしれないです。口元を見られると今でも恥ずかしい・・・のです。

で、何故か3人組の親しい女性達

3_2 映画の「トルソ」で共演の渡辺真起子たん、私、映画「火垂ほたる)」での共演で仲良しになった中村優子たんと。

3_4 ドイツのシベスター(修道女)さんと3人でコーヒーとケーキを一緒に。

Photo_2テレビ「京都地検の女」大島蓉子さん、私、みやなおこさんと。

P1020329 熊と壮絶に戦った映画「デンデラ」で、私、山本陽子さん、草笛光子さんとセットの前で。

3人組の夢のあとさきを届けます。

もうすぐ七夕、貴女の恋が成就できますように・・・❤。私も頑張らねば❤。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »