« 七夕 | トップページ | ラブ・ストーリー »

2011年7月12日 (火)

夢のあとさき

17_4

今年の七夕は、生憎の曇り空・・・煌めく星々を 期待して、ウットリしたかったのに、ちょっと残念でした。替りに美しい詩を贈ります。

牽牛と織女もこの日だけはあえるという七夕

わたしはあなたを土に埋めて帰る

かすみ草の何本かを土に埋めて帰る

生前に服の一着もつくってやれず

あなたが死んで初めて麻の服を着せてやれた

あなたが手ずから麻で織った着物は近所の人に分けて

トウキビ畑の傍らにあなたを埋めて帰る

銀河をわたり 雲をこえ

年に一度逢えるというこの夜

銀河の東と西 その遠い遠い距離が

天と地の距離なのだと教えられる

いつかあなたが土となり 私が風となり

再び出逢う道なのだと教えられる

畑を耕し、種を蒔き、汗を流し生きることが

年に一度 あなたに逢える道なのだと

                  詩、ト・ジョンファン

最愛の妻を亡くした詩人の、身も心も千切れる様な哀切の歌です・・・❤❤

で、話は変わりますが、夢のあと、映画「デンデラ」

Photo_5

東映にて公開中です。15日までですので、みなさん是非観てくださいね。黄色いバンダナ巻いた弓の達人、凄腕スナイパー役(保科キュウ)で出演してます。隣は角替和枝ちゃんです。  

« 七夕 | トップページ | ラブ・ストーリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事