« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

恋するお菓子1

シンプルなブルーベリーマフィンの作り方❤❤

程よい甘さなので朝食や、ピクニックなんかに持っていっても、すごーく喜ばれます。ここでは粒入りのブルーベリージャムに水(きれいな水)を足してゆるめてあります。マーブ状になって、美味しそう✰✰  バターと卵は常温にもどしておいて下さい。

Photo_6用意する道具

マフィン型8個(パウンド型でもよい) ボール、泡だて器、へら、ハンドミキサー。

材料

バター  100g (無塩バター)

砂糖   140g

卵    2個(割りほぐしておく)  

1_4 牛乳   120cc  

ブルーベリー    50g~100g

小麦粉      200g

ベーキングパウダー  小さじ2杯、5g

塩    少々

小麦粉とベーキングパウダーは一緒にざるでふるっておいて下さい。

Photo_5 

バターを入れ、クリーム状になるまでハンドミキサーで混ぜ、砂糖を数回に分け入れて、白っぽくふっくらするまで丁寧に混ぜる。

バターは指で押して軽く凹むぐらいの硬さがいい。柔らかくしすぎると失敗する。    

4_2

卵を少しずつ入れては混ぜ、少しずつ入れては混ぜを繰り返す。10~20回ぐらい。

あまり多く卵を入れて混ぜると、バターの油脂と卵が分離して生地がパサパサになる。

塩を入れる。

5_3

ふるって おいた粉を全部どさっと入れる。もう一度ふるいながら入れれば、なお美味しくなる。

ここでハンドミキサーからヘラに変えて、粉けがなくなるまで、さっくりと切るように混ぜていく。

7_8

牛乳を数回に分けて入れ、生地がなめらかになるまで混ぜる。

Photo_7

ホットケーキみたいなこんな生地になったらもう最高です。Photo_9

ブルーベリーを流し入れ、さーと混ぜる。あまり混ぜすぎると、綺麗なマーブル状にならない。

Photo_11

マーブル型の紙に入れる。

オーブン台ごとトントンとテーブルに落として、生地の空気を抜く。

Photo_14

180度で約20分焼く。

焼き上がりは、竹串を刺して、べったとした生地がついてこなければ出来上がり。

出来ました❤❤

彼にあげよう恋するお菓子・・・別におじいちゃん、おばあちゃん、友達、子供、家族でも誰でもいいから、愛しい人に作ってあげてくださいね。愛されることばかりを願うより、愛する人になれれば、幸せは天からかってに降ってくる・・と思うのです。

レシピを10個ブログにアップできたら、本にしようと思っています。1年ぐらいかかるかもしれないけど・・楽しみです。     

2011年8月26日 (金)

恋するお菓子

人に喜ばれる贈り物は何がいい? ブルーベリーマフィンはどうですか❤

Photo_4

趣味でケーキを作るようになって、15年ほどになります。時々ですが・・オーブンから甘ーい匂いが流れてくると、なんとも言えず幸せな気分になります。

私がケーキを作る様になったきっかけは、一人息子のひと言でした。まだ彼が小学校低学年の頃、友達の家に遊びに行って、お母さん手作りのカレーパンをご馳走になったらしく、「僕もママの作ったカレーパンが食べたい」と言ったのです。「カレーパンって、えー?そんな難しそうなもん、どうやって?作る・・の?」「ケーキでもいいけど」息子の顔は寂しそうでした。当時は仕事がとても忙しくて、彼のお世話は母や知人のおばさんに頼んだりして、甘えたかったのかもしれません。

で、一発奮起し、時間を何とか遣り繰りして、スイートキッチンクラブというお菓子教室に通うことにしたのです。私がお菓子を作るなんて夢にも思わなかったんですが、これが楽しい!ケーキ作りに目覚めてしまったんです。

Photo_9 出来上がったブルーベリーマフィンです❤。コーヒーショップショップに添えられてる、生地がパサパサの甘いだけのマフィンとは桁違いで、このレシピの手作りマフィンは本当に美味しい!

作り方はとっても簡単、一つのボールに材料を順番に入れ混ぜて、あとは焼くだけです。マフィン型の紙を使えば、そのまま、彼氏やお友達にあげれば喜ばれますよ。日曜日にお子さんと一緒にクッキングしてくださいね。

Photo_10 (写真クリックしてね) 2対の人形の置物はドイツのフィリンゲンという田舎町に行った時、買ったものです。「神に守られし台所の夫婦」と印字されていて、若い夫婦の素朴な置物で・・可愛いいのでキッチンに飾ってあります。

あれもこれもと盛りだくさんのレシピが紹介されてるケーキ本が沢山あって、私も初心者の頃はどっさり買ったけど・・・見た目は豪華だけれど、どうも説明不足で度々失敗しました。

で、できるだけシンプルで美味しいお菓子のレシピをブログにアップしていこうと思ってます。この絶品のブルーベリーマフィンのレシピは明日アップしますので待っていてくださいね。

右上のリンク集の色々をクリックしてみてくださいね✰✰私の仕事の情報が掲載されてますので、よろしくお願いします❤❤

2011年8月22日 (月)

サプライズ

サプライズされるのは好きですか?私はサプライズする方が好きなのです。

Photo_2

妹がデスプレイ(ショーイングデザイナー)の先生をしていて、仕事で東京にやってきたのです。姪っ子は夏休みを兼ねて私に会いに来てくれて・・・なかなか頻繁に会えないので、愛しい家族をサプライズしようと、やってきましたイタ飯屋。私と可愛い姪っ子です。

知人の「ここが東京で一番美味しいイタリアンレストラン、最高だよ!間違いないね」と勧められて、私も初めて行った店なんですが、大当たり!もう、言葉で言い表せないぐらい本当に美味しかった。パスタもピザもデザートもなにもかも!ピザがこんなに美味しい食べ物だとは・・・知らなかった。

Photo

いつも、せんべいみたいな薄い生地に具を所々乗っけて、安物のチーズで誤魔化してる様なピザしか食べたことがなかったので・・・発見でした。みんなの席から見える場所で、ピザ職人のお兄さんが、生地を力強く捏ねてから、魔法みたいに空中に飛ばして、白い生地をくるくる回す様子が、ウットリするほど恰好よくて、手に技を持つ人は、なんて素敵なんだろうと見惚れてしまいました。

生地が主役なんだ・・なんでも土台がしかっりしてないと・・優れものって何でもそうでしょ・・なんて喋りながら、あっという間に平らげて✰✰幸せな時間でした。

森下町、高橋夜店通りにある「ベッラ ナポリ」でした。

右のリンク集»あれやこれやクリックしてね。

映画「朱花(はねづ)の月」が9月3日渋谷ユーロスペースにて、いよいよ公開されます。河瀬直美監督の渾身の一作です。予告篇も素晴らしいので是非観てくださいね。

TVは撮影も完了している梶間俊一監督の土曜ワイド劇場「おかしな刑事7」に辺見えみりちゃんと母子役で出演してます。放映日が決まり次第お知らせしますね。

今日も良い一日でありますように❤

2011年8月16日 (火)

夏休み3

木漏れ日に柔らかく光る草道をゆっくり歩いて、メルシャン軽井沢美術館に行きました。「遊びをせんとや生まれけむ最終章です」

薔薇と光のフランス人画家アンリ・ル・シダネルの絵画展をやっていて、私はこの画家のことは全く知らなかったのですが、どこの国の誰の絵の展覧会をやっていても、正直構わなくて、親しい友達や、愛する家族と、この広大な敷地にある樹木の間を縫いながら、のんびり歩いたり、テラスでお茶を飲んだり、美術館のひんやりした空間の中で絵画を見ながら、言葉少なに過ごす時間がとても好きです。過剰な情報と、人間の呟きから隔絶された、高原の光と影が煌めく場所。夏休みの至福のひと時、表情も和らいで・・・❤❤ますでしょ。

Photo 父がアンリ・マティスが好きで、わたしも自然に好きになりました。マティスの「金魚」は特にお気に入りで、緑や赤や青の大胆な色彩が小気味よく、ダイニングルームに飾ってあります。この絵を見てると「よっしゃ、今日もおいしいゴハン作るで!」と元気になるのです。

「私は人々を癒す腰掛け椅子のような絵を描きたい」マティスの画集の中で拾った言葉です。優れた絵画や映画は疲れたり、傷ついたりした人間の心を癒してくれますね。Photo_10

で、シダネルの絵は、「月明かりの庭」「木漏れ日」「夜の森」「夕暮れに家々に漏れる光」「教会下の黄昏」「青いテーブル」など身近な題材を情緒的なタッチで描かれていて、郷愁を誘うような、なんだかほっとするような優しい画でした。

「春の空」というタイトルの、大きな画をしみじみ見ていた隣の小さな男の子が、父らしき人に、「これ羊?」と、もこもこした何本かの白い木を指さして尋ねていて・・可愛かった✰

Photo_6 私達の毎年の夏休みのひと時を彩ってくれた、この愛すべきメルシャン軽井沢美術館、なんと今年11月に閉館するらしいのです。入場者が減ってきてどうやら赤字らしいのです。とても残念です。ショック!Photo_7

家族で13年通った美しい美術館。しょうがないかな、しょうがないでしょう。来年、あとかたもなくなっていても、私たちの思い出として、心に残ってるし、まあ、いいんじゃないの・・・でもなんか寂しい!失恋したみたいな気分です。

Photo_9

童心に戻って、遊んで戯れた夏休みの夢のあと、肉体は成熟しても心はどんどん純真になっていければ、いいですね❤❤夕暮れ時の空が私たちを優しく包みこんでくれて綺麗です。

2011年8月12日 (金)

夏休み2

「男の隠れ家」なんていう雑誌がありますね。私も時々本屋でパラパラッとページを捲ります。男も女も働く世の中、一生懸命働く女達にも隠れ家は必要です・・よね。遊びをせんとや生まれけんパート2・浅間山の麓編です。

Photo_2

毎年夏休みをここで過ごします・・・で、行くのです、温泉に、温泉というよりも正確には鉱泉なんですが、大谷地鉱泉に必ず行きます。穴場とはこういう場所の事をいうのではないでしょうか❤Photo_3

ここの鉱泉の水を求めて、遠くからペットボトルを何本も車に積んでやってくる人がいるとか・・・色白のつるんとした顔のフロントのおばちゃんが言ってました。鉱泉の水を飲んで鉱泉風呂に入ると、なんか肌がスベスベして美白効果もあるみたいです。アトピーや皮膚疾患に良い鉱泉らしい。でも、ものすごーく熱い湯で、初めて入った時は驚きました。いきなり入ったら間違いなく軽く火傷しますから。桶で足元から少しづつ湯をかけてって・・身体全体に熱い湯を馴染ませてって・・いきなりドボンと勇気を出して入るのです。

Photo_4

3年ほど前はこの瓦屋根の家の中にお風呂があって、なかなかの風情で気に入っていたんですが軒下に雀の巣なんかががあって、フロントなんかなくて畳に座っているお肌スベスベのおばちゃんに300円の入浴料を払って鉱泉風呂に入りましたが、今はこんなに綺麗になっちゃって、ちと残念な気もします。湯上りには冷たいコーヒー牛乳を飲んで・・・✰浅間牧場の牛乳おいしいのです。P1030075_2

帰り道をぶらぶらと、浅間山を遠くに見上げながら、ややこしい事は何も考えずにぽわーんと歩いた夏休みのひと時。

Photo_6

立葵の花が、橙色の百合と仲良く咲いていて、目を楽しませてくれて❤

Photo_7 

向日葵と、夏隣りのピンク色のコスモスが隣り合って綺麗です。

              

2011年8月 9日 (火)

夏休み

夏本番の真っ盛りですね。

子供の頃は夏休みが近づくと、もう楽しくて楽しくて、そわそわ、わくわく心が躍ったものですが、大人になると、どうしても仕事や日常の雑多なことに振り回されて、どうも心が渇いてしまいますね。で、身体も心も渇きそうになったら雄大な浅間山の麓にまっしぐら車をかっ飛ばします。

そして、浮世を忘れてひたすら自然の中で遊ぶんです。

Photo

荷物を解いて翌日、北アルプスの麓にある上高地に友達と行きました。童心に戻って森のジャングルで・・・ジャングルが好きなんです。

Photo_4すごーい激流に しばし見とれて、マイナスイオンを身体いっぱいに取り入れて感動しつつ、山道をひたすら歩きました。生憎の雨模様だったのですが、傘を差したり、すぼめたりしながら、河童橋から明神池までの約1時間、こんなに険しい山道だとはつゆ知らず、ほうほう、ふうふう言いながら、すれ違う見知らぬ方たちに「こんにちは」と挨拶すれば木魂みたいに「こんにちは」と返事が返ってきて・・・❤身体は疲れているはずなのに心がどんどん軽くなっていくのです。

Photo_6

で、やっと目的地に着いたんです。が世にも美しい池と聞いていて、見るのをとっても楽しみにしていた目的の池がない、ないんです! 「池は?明神池は どこにあんのよ 」と友達ときょときょととあちこち探したんですが池がない?木で明神池と書かれた卒塔婆みたいなのはあるけど・・・?そんなもん見たって、「ちょっと、明神池小屋で聞いてくるから」と小屋に走ったもう1人の友達が戻ってきて 「梓川に架かった、ほら、さっき渡った長い橋のずっと手前らしいよ・・・通りすぎちゃったんだ、わたしたち」しばし唖然としたけれど、すぐに理性を取り戻して、私たちは、結局明神池はきっぱり諦めました。目的地は大切だけど、そこにいくまでの道程が、もっと大事なんだから・・・と、全てを良いように解釈すればなんでも、どこでも楽しい❤❤

遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけん、遊ぶ子供の声聞けば、わが身さえこそ動がるれ。舞え舞え蝸牛、舞はぬものならば、馬の子や牛の子にけさせてん、踏破せてん、真に美しく舞うならば、華の園まで遊ばせん。(梁塵秘抄より)

Photo_8              

結構険しい山道だったね。私の経てきた人生を復習したみたいだったよ。ゴロゴロした石道や、曲がりくねった細い道や、雨の泥道や、名も知らない高原の可憐な花に癒された道や、ほら、なんてったって、梓川の美しい清流の川、最高だったね!なんて笑いながら語り合って・・・❤帰り道は緩やかな舗装された道が川沿いに用意されていて、子供のように戯れて舞いあがった夏休みでした。

あなたの夏休みが、 喜びに満ちた華の園で過ごせますように✰

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »