« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

観劇

赤坂レッドシアターにお芝居を観に行きました❤❤差し入れはりクッキーです。

P1030603

グループる・ばる公演の「ダブルアルバム」 真ん中は岡本麗さん、左は田岡美也子さん。2人とも旧知の女優仲間で2時間ドラマや刑事ドラマや映画で何度も共演してます。同じ名前の美也子ちゃんからお誘いをいただいて観てきました。

どこまでも明るくって、アグレッシブな2人が舞台狭しと繰り広げる演技力は観ていて爽快で気持ち良かった。泣かせてくれて、笑わせてくれてありがとう✰✰✰嘘の演技をしない、真っ向勝負の素敵な女優さん2人と、ほぼ同時代を駆け抜けてきたので・・・ちょっと胸が熱くなりました。過去と現代を行き来する2人の早変わりも見ものです。10月3日まで赤坂で上演してますので観てあげてくださいね。元気がでますよ!!

Photo

差し入れに作ったアイスボックスクッキーです。OFFの日にまとめて作って冷凍しておきます。冷凍で1ヶ月、冷蔵で1週間日持ちするので便利です。

プレゼントしたいなーと思った日に冷凍庫から取り出して、オーブンでそのまま焼くだけ・・・ マーブルやら、渦巻き模様やら四角やら、手作りなので形は不格好でも、味は最高です。生地にザラメ砂糖を混ぜ込んでも、美味しいのです❤❤

すっかり秋ですね。そうそう、応援のコメントを下さる皆さん、本当に有難うございます。ブログを持ってらっしゃる方のアドレスには必ず訪問してますよーcherry人と人が繋がって温めあって、人間っていいものですね。    山口美也子

2011年9月21日 (水)

夢のあとさき

帰ってきたウォンビンが素敵です。

Photo

「京都地検の女7」は先週の木曜日放映が終わりました✰✰。また、来年京都東映で撮影がありそうなので楽しみに待っていてくださいね。もう7年間もシリーズ化されているので監督、スタッフ、出演者が家族のようになって、色々工夫しながらの楽しい現場です。この温かい空気感がそのまま皆さんに、自然に伝わっていればとても嬉しいです。

昨日は友達と韓国のトップスター・ウォンビンの「アジョシ」観てきました。しっかりした脚本と、練りこまれた才能ある監督の頭脳に恵まれて、ウォンビンの魅力炸裂です。

TV「秋の童話」では、とろけるような甘い美貌のソン・スンホンに、「マイ・ブラザー」では兄役の笑顔がキュートな演技者シン・ハギュンにちょっと食われてましたが、この映画で完全に大逆転!!!

兵役を含めて4年近くの俳優休止の苦難を乗り越えて帰ってきたウォンビンのアクション映画。韓国で630万人もの観客を集めた映画って、どんな映画なんだろう?「母なる証明」のウォンビンの役はちょっと違うんじゃない?と感じていたので、観にいきました。(母役のキム・ヘジャさんは素晴らしい女優さんです)

拉致された貧しい孤独な少女を救うため、命をかけて立ち上がるウォンビンの魂を振り絞るような演技は、あまりにも素晴らしくて、全てのディテールに見惚れて納得して、ウォンビンを見続けてきた私としては胸が熱くなり、食べていたポップコーンの手がピタリと止まってしまいました。一級のアクション映画を作った若きイ・ジョンボム監督と、ウォンビンの鍛え抜かれた肉体と演技変身に乾杯を❤❤❤脇役の方達も唸るような演技を披露してます。

2011年9月16日 (金)

恋するお菓子2

マドレーヌ。この愛らしい名前を持つお菓子は、フランスの女の子が家庭で初めてお母さんから習うお菓子だそうです。焼き上がった貝殻模様のケーキに粉糖をたっぷりかけていると、粉雪みたいで、幸せも一緒に降り積もっていくような気がして・・・初心者向けで作り方はとっても簡単、恋しい人に是非作ってあげてください❤❤❤

Photo_2 M_6

用意する道具(12個分)✰

マドレーヌ型(なければスーパーのお菓子売り場で売っているマドレーヌ用の銀紙でもよい)  ハンドミキサー 泡立て器  ざる(ここでは取っ手を動かすだけで篩える器具を使ってます)  へら  ボール(2個)  茶漉し(粉糖をふりかける時使う)

材料✰

薄力粉・・・・・・・100g       全卵・・・・2個          

砂糖・・・・・・・・・100g       はちみつ・・・・大匙1

バター・・・・・・・・100g       レモンの皮(すりおろしたもの)・・・1/2

バニラエッセンス・・適量      ベーキングパウダー・・・・・・・・・・1/4

粉糖・・・・・・・・・・・・適量      型塗り用バター・・・・・・・・・・・・・・適量

マドレーヌ型、または銀紙に型塗り用バターを塗って、冷蔵庫で冷やしておく。ふちも忘れずに塗っておく。

P1030416_2 レシピ✡

薄力粉とベーキングパウダーは合わせて2回ふるっておく。

バターは湯せんで溶かしておく。

割りほぐした卵を60度ぐらいの湯せんにかけながらハンドミキサーで混ぜる。途中で砂糖を2度に分けて入れ、混ぜる。

M4_3 ぐるぐるかき混ぜて、黄色が白っぽい色になるまで混ぜる。

白になって、しっとりした生地になってきたら、ハンドミキサーから、手を使って混ぜる泡だて器に変える。

湯せんとは大きいボールに6分目ほどの湯を入れて、その上に一回り小さいボールに、ここでは卵を入れて、温めながら混ぜる事です。温度が60度以上の高めにならないようにする。

M5 図のようにたらりと生地に落ちて、文字が書けるような状態になったら、OK

M6

バニラエッセンスとレモンの皮、はちみつを入れ混ぜる。

M9_2

ふるっておいた粉を、できればもう1度篩いながら入れる。そのほうが滑らかな生地になりますが、篩わなくてもいいです。

M10_2

泡だて器のまま混ぜて、途中でヘラに変えて、切ル用にさっくり混ぜる。

M11   

湯せんしておいたバターを少しづつ入れながら混ぜる。

M12

しっかりした生地ができました。

オーブンを予熱しておきます。

M14

冷やしておいた型に生地を8分目ほど入れます。

170度~180度で12分~13分ほど焼きます。

家庭によってオーブンの性能が違うので170度で12分を目安にしてください

M15

焼き上がりました。美味しそう❤❤❤

イタリア、フィレンツェ出身の画家、ボッティチェリの絵画「ビーナスの誕生」 大きなホタテ貝に乗って、ふくよかにすっくり立っている美の化身ビーナス・・・からイメージしてこのお菓子が作られたのでしょうか・・・そんな事を想像しながら作っていると楽しいです。

M16_2

そして、聖女マドレーヌ(マグダラのマリア)は聖書では聖母マリアと共にあまりにも有名な女性ですね。

シンプルで素朴で愛らしいお菓子マドレーヌ。誰にプレゼントしても喜ばれますので挑戦してみてくださいね。

翌日食べるのが一番美味しいです。

2011年9月 4日 (日)

「朱花の月」初日

映画「朱花(はねづ)の月」の初日公開に登壇して、観客の皆様にご挨拶してきました。初日が開いたみんなの満開の笑顔が弾けて❤❤嬉しいです。

Photo

世界に日本の美を届け続ける 河瀬直美監督の渾身の一作です。

左から明川哲也さん、大島葉子さん、私、小水たいがさん。3人ともすっごく背が高くて、私、背がちっちゃいので、ちょっと恥ずかしかった・・です。明川さんは、ドリアン助川という、もう一つの名でも有名な叫ぶ詩人です。もっぱらドリアンさんが進行を引っ張っていってくれて助けられました。素敵なジェントルマンです。

主演の葉子(はこ)ちゃんは、何年か前に短編映画「笑い教」の監督もして、私、主演で出演させてもらいました。この映画は山形国際短編映画祭審査員特別賞をとったのです初めての監督作品なのに凄い!性格も温厚で仲良しさんです。女優としても、監督としても、ファショニスタとしてもどんどん輝いていってほしい女性なので、応援してあげてくださいね。

明川さん、小水たいがさんはこの日、初めてお会いしました。同じ映画に出ているのに、すれ違って、でもなんか昔から知ってるような懐かしい匂いがして・・そういう人って、きっと、時を超えてどこかで出逢っている気がします。

2 撮影で行った奈良県飛鳥地方は美しい場所でした。日本人は、もっと日本に誇りを持っていいんだと再認識させられる、自然と人間が融合した豊かな土地でした。

なにもかもが省略されて便利になった現代に生きる私たちに、大切なものは何ですか?守らなければならないものはなんですか?と静かに語リかけてくるような美しい魂の映画で、時を超えてのラブストーリーでもあります。

私のリンク集「朱花の月」オフィシャルサイトで検索してみてくださいね。全国各地で順次公開されています。

「火垂(ほたる)」ニュープリントで帰ってきます!!嬉しいです。10年前に初めて直美監督の作品に出演した映画です。詳しい情報は、また、お知らせしますね。映画館はユーロスペースらしいです。今日聞きました✰✰✰。

2011年9月 1日 (木)

朱花の月

夏の野の繁みに咲ける姫百合の知ら得ぬ恋は苦しきものを・・・万葉集より

Photo

1200年の時を超えても色褪せない万葉和歌集の恋の歌、坂上郎女(さかのうえのいらつめ)の、激しい片思いの歌です。今も昔もこれからも、人を恋うる想いは切なくて、苦しくて、でも愛しい(うるわしい)ですね。そんな愛しさにすっぽりと包みこまれた美しい映画・・に出演させていただきました。

9月3日(土曜日)渋谷ユーロスペースにていよいよ公開です。河瀬直美監督の「朱花(はねづ)の月」。今年のカンヌ映画祭コンぺティション部門正式招待作です。皆さん、是非観にいらしてくださいね。

詳しい情報はwww.hanezu.com/・・・私、登壇して皆様にご挨拶します。

10時30分の回上映の後と、12時30分の回上映の前の2回登壇します。

登壇者は大島葉子さん、明川哲也さん、私、小水たいがさんです。

皆様と劇場でお会いできる日を楽しみにしています❤❤❤ 山口美也子    

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »