« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月22日 (土)

撮影日記・津軽編

厳寒の津軽地方での撮影を終えて無事帰ってきましたsnowthundersnowrain

本州の最北端にある龍飛崎の近くにある岬でのラストシーンの撮影日は、身を切られるような寒さで、雪や雨ならまだしも、横風に煽られて霰(あられ)がびゅんびゅん飛んできて、寒いというよりも、もうもう凄く痛かったです。みんなブルブル震えながらも、頑張って踏ん張って仕事しました。グリーンの毛の長いショールに霰の白い粒がへばり付いて白い水玉模様になっちゃって、髪の毛もグッチャグチャ。あれだけ悪天候、悪条件が揃うと人間ってもう笑うっきゃないのよ・・強いなあー人間って!そんなことが脳裏を横切り、ずっと震えながら笑っていました。バックに広がる日本海の大海原は高く波しぶきを上げて繰り返し何度も舞い上がり、崖の底から海鳴りの音が、この哀しい物語の最高の音楽となって泣いていました。海鳴りに哀切溢れる津軽三味線の強く響く音が重なって・・演じた私でさえ早く観たいと思わされるいいラストシーンになっていると思います。皆さん是非ご覧になってくださいね。

放映日ははっきり決まっていないそうですが、来年春ごろだそうです。テレビ東京・水曜ミステリー9「みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎2」主演は高嶋政宏さんです。よろしくお願いします。

Photo_2

OFFの日が一日だけあったので、噂の「藩士の珈琲」を飲みに成田珈琲店に行ってきました。弘前は江戸時代の終わりに日本で初めて庶民が珈琲を飲んだ場所だそうで、結構ハイカラな町で、素敵なカフェやステンドグラスが美しい教会、温泉も豊富にあって、想像していた田舎とはずいぶん違いましたね。カフェでスーツをビシッと着こなしてパソコンを叩いてるビジネスマンが何人かいて、きっと藩士の末裔だわ・・なんて、かってに想像しながら・・・

120121217

Photo_4

江戸時代の飲み方を、そのまま再現して飲ませてくれる「藩士の珈琲」。すり鉢に珈琲豆を入れて、すりこ木で自分ですり潰して、やかんで1分蒸して飲むのです。すり潰すのにけっこう時間がかかりますが・・・珈琲豆のいい匂いがふわーんと鼻に甘く漂い、アロマセラピーってありますが珈琲セラピーとでもいうんでしょうか、心を癒す効果抜群です。弘前に行かれることがあったなら成田珈琲店お薦めですよ。私もお客さんが来たときなど畳の部屋で正座して、うんちくを語りながら優雅に藩士の珈琲をやってみようっとsun

13

来年が光溢れるれる一年でありますように    山口美也子                                  

2012年12月11日 (火)

クリスマス

12月はクリスマス月ですねsun手作りの可愛いいクリスマスパーティに招待されて行ってきました。

120121203

色とりどりの小さなお菓子やサンドイッチ、ブドウの粒の蜂蜜漬け、マカロン生地の中に混ぜご飯がサンドしてあったり、見た目も綺麗で、一口でパクっと食べられちゃうのです。林檎がガラス瓶の中にハーブと一緒に入っていて・・中は水だそうで工夫次第で立派な飾りになっていて華やかです。写真クリックしてね。

皆さんも普段とちょっと違うお洒落をしてクリスマス月を楽しんでくださいね。

明日の12日の水曜日(夜11時58分)テレビ東京系「孤独のグルメ・シーズン2」第10話にゲスト出演しています。主演の松重豊さんが私の店に栗のかき氷を食べにきてくれるのですよ。冬のかき氷?思わずブルっとしますが「おいしい!」と一言とてもかっこよく行ってくれました。是非観てくださいね。

今日も良い日でありますようにcakesun    山口美也子

2012年12月 7日 (金)

撮影日記

sun冬の小鳥

冬鳥のツグミはシベリアやカムチャッカから群れて渡来し、地上に舞い降りてからは孤独に過ごすそうです。越冬が終わり、また5月の暖かい季節になると群れをつくって北へ旅立つそうです。茶赤の羽を持ち、胸に黒い縁どりの白い鱗のような模様で全体的に地味で目立たない小鳥ですが、我が家の庭にも朝早く時々やってきて、柿の実を啄ばんでいたり、地面でツゥ・ツゥ・ツゥと跳ねるよう歩いては立ち止まり、背筋をピンと伸ばし左右にチョ・チョと首を振り、そんな繰り返しの可愛らしい仕草に窓越しからしばし見惚れて、鳥ほど自由で美しい生き物はないわね・・・と心の中で呟いたりするのです。とても寡黙でミステリアな静かな鳥です。口を噤み(つぐみ)なさい!という語源からツグミという名がついたそうですよ。納得です。

どうしてツグミの話になったかというと、水曜ミステリー9「みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎2」に出演させていただくことになって脚本を読んでいたら、ツグミが頭の中で鮮明にイメージできたからなのです。

Photo

衣装合わせにいってきました。厳寒の青森でのオールロケなので暖かいコートと血の色を暗示させる赤いセーターを選びました。家族の悲しみを寡黙に健気に庇う日本の北国の母を演じさせていただきます。ネタバレになるので多くはお話できませんが、放映日が決まり次第ブログにアップしますので、是非みてくださいね。よろしくお願いします❤❤副題は「完黙」です。

寒くても心あったかい冬でありますようにsun      山口美也子

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »