« 撮影日記山形編2 | トップページ | 夢のあとさき »

2013年5月29日 (水)

撮影日記山形編3

夢のあとは、短い期間でも縁を結んだ沢山の人たちとの別れが待っているので、ちょっと寂しいものがあります。映画「くらげになりたい(仮題)」の撮影が先日終わっちゃって・・・夢から目が覚めて現実に戻りました。Photo

スタッフがレールを敷いてカメラの準備をしています。ヘアーメイク担当なのに何故かあすかちゃんがビデオカメで私とあがた森魚さんを撮ってます。みんなで力を合わせて作る小さな映画にも、そこに映画の魂が宿れば立派な大作なので、楽しみながら苦しみながら一役入魂でがんばりましたsun

Photo_3

ここは私演じる加茂水族館の売店のおばちゃん大久保さんが住んでいる家のセットです。今は天国で日本の映画を見守っている若松孝二監督が次期作にと考えて建てられた黄色い家の中のリビングルームです。宮田監督が熱望して使わせていただいたそう・・・足を踏み入れた瞬間、震えるような熱い思いが私の心によぎりました。新人の頃、映画「我に撃つ用意あり」で若松監督作品に出演させていただいて、新人女優なのに限りなく優しくしてもらって大好きな監督でした。

Photo_5

山形から帰ってきた翌日、印西の友達から、ちょっと完熟だけどイチゴがいっぱいあるから摘みに来ないって連絡があって車を飛ばして行ってきました。完熟なので売りものにならないのでジャムにすればいいよって・・近所の人から採れたての大きいレタスやトマトも沢山もらって嬉しかったです。千葉県印西市って私にとって、とても素敵な秘密の場所なのです。  

素敵な場所がたくさん見つかりますように!    山口美也子                    

« 撮影日記山形編2 | トップページ | 夢のあとさき »

映画・テレビ」カテゴリの記事