« 夢のあとさき・山形編 | トップページ | 撮影日記山形編3 »

2013年5月23日 (木)

撮影日記山形編2

食堂やレストランで賄い飯っってありますが、映画やテレビでの撮影飯のおはなしです。今回の山形県鶴岡市で撮影された「くらげになりたい(仮題)」では庄内映画村の沢山の若いスタッフの方々が参加されています。

Photo
この日はケイタリングで親子丼と野菜サラダとわかめの味噌汁でした。ケイタリングって料理を作って運んでくれる、そういう出帳サービスのことで、これがなかなか美味しいんです。料理をよそってくれるスタッフの渡辺慧ちゃんと柄の長いお玉を持って遊んでます。山形の人はみんな素朴で心があったかいですsun

そして、映画をとても愛してらっしゃいます。

Photo_12
映画「おしん」を撮られた、富樫森監督のお母様から饅頭の差し入れが、美味しかったです。ありがとうございました。監督が撮影を観に来てくださいました。山形県鶴岡市のご出身だそうで、2人監督がいるみたいでちょっと緊張しましたよ(^-^;

Photo_22

 加茂水族館の2階のある大広間で撮影前にちょっと休憩・・・窓の向こうに美しい日本海が広がっています。夏になれば海水浴客で賑わうそうです。

一日休みの日があったので鶴岡市までバスに乗ってふらっと出かけました。海に沿ってどこまでも走るバスの窓から見た日本海は、今まで見た、どこの海より澄んでいて綺麗でした。      山口美也子




« 夢のあとさき・山形編 | トップページ | 撮影日記山形編3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事