2011年6月 8日 (水)

ドイツ・フィリンゲン田舎町の旅編の続きです。犬のような猫に会いました。

Photo_2
写真をクリックして見てね。凄い圧力の犬みたいな猫で 「なに撮ってんのよ、かってに」 と啖呵を切られそうで、じっと睨んで目を逸らさないので、「いえ、あの、その・・・」と思わず後ずさりして尻もちをついてしまいました。Photo_3
ドイツのおっかさんが、破顔の笑顔で私たちを見て、ドイツ語でなにかしきりに言っているのですが、さっぱり分からず、ダンケシェン、ダンケシェンと馬鹿の一つ覚えみたいに挨拶してその場を去って・・・

Photo_4
変わった大きな石から水がチロチロと出ていたので、両手で掬って飲んだんです。アルプスが近いからでしょうか、おいしいのなんのって!でも見れば見る程変な蛇口で、クスクス笑いが伝染して、だんだん腹を抱えてみんなで笑って・・・この芸術品を作った人は凄い❤

今日も一日、笑って許しあえればいいですね。頑張るあなたに届けます。



2011年5月23日 (月)

Photo_2
ドイツのフィリンゲンという田舎町で出会った猫です。あまりの堂々とした風格に、思わず「いってらっしゃいませ」と声が出そうになりました。

Photo_3
近くの喫茶店でケーキを食べたんです。写真付きのメニューを見て「これ、これ、これをお願いします」と身振り手振りでマロンケーキを頼んだら、直径25センチほどの大皿で出てきたのがこれ!

アイスクリームの上に、絞ったマロンがスパゲッティみたいに乗っかってて、その上に生クリームがドカンと、回りも生クリームがドン、ドン、ドンと!

このボリームで700円、安いですよね。!ドイツ語でベロミセロって名前のケーキなんです。べろみせろ、べろをみせろって命令形で、この地方の名物らしいんです。どこのカフェにもベロミセロがありましたよ。マロンケーキはドイツ語でベロミセロ。ひとつドイツ語を覚えました。